<   2018年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

標準

b0250470_10310651.jpg
標準レンズはやっぱメーカーの顔だな。
--------------------------------------------------------------------------
掘り出し物があった近辺でもう一度そのお店に行くと
大概二匹目のどじょうがいる。

古いカメラを単品で買い取りに出す方はそうそういないらしく、
時間差でレンズのほうも棚に並ぶことが多い。

ボディの状態からしてレンズはお高いかな?と思ったが、
50mm F1.4がカップラーメン価格にてジャンク棚に。

絞りばねが若干重い以外は曇りもカビもないが...
初期型の銀縁モノコートだからかな?

ところで...この一枚。同じお店のやはりジャンク棚にあった一品にて撮影。
PENTAXの「変な焦点距離シリーズの一本」

解放はアマアマww詳細は後日。




[PR]
by mutuki-w | 2018-07-30 09:00 | 機材 レンズ | Comments(0)

北アルプス 唐松岳より

b0250470_09130634.jpg
「八方池からの白馬」
PENTAX K-5Ⅱs + Sigma C 18-200mm F3.5-6.2 HSM
-----------------------------------------------------------------------------------------
北アルプスの中でも地味な味付けの「唐松岳」
北アルプスは山の主役クラスが連なりますからね。

「白馬岳」キレイなその山に登ってみたい...
けれど、その山を登ってしまうとその山から見える景色や
山頂に続く稜線を見ることはできてもその「山」を見ることはできないのです。
こうして「白馬」を眺めて「きれいだな~」と見ている時間の贅沢...

「槍や剱」は登った達成感や工程のワクワク感は格別でしょう。
でも?あの遠くから見た存在感やカッコよさは見ることはできない。

だからあえて「あの山を見るためにこの山を登る」っていうのは
実際にすごくワクワクしてしまう。
b0250470_09295862.jpg
b0250470_09302358.jpg
b0250470_09304240.jpg
目指す山頂へ
------------------------------------------------------------------------
日帰りも可能ですがやはり小屋に一泊が余裕があっていいかと思います。
私が登ったこの時は迂回ルートが崩落で使えず,急登ルートを使いました。

北アルプスの名だたる名峰たちの姿を一望できる「唐松岳」は
素晴らしい登山を満喫させてくれました!







[PR]
by mutuki-w | 2018-07-28 09:44 | | Comments(0)

帰国子女?

b0250470_22061587.jpg
EOS 1D MARKⅢ + TAMRON SP 45mm F1.8 VC
-------------------------------------------------------------------------------------------
フィルムカメラ人気もひと段落?ですかね?
ジャンク棚にゴロっとおいてあった「OM-2SP」である
以前ならジャンクでも「は?」っと思うような値段であったが...

ミラーアップの状態ではありましたが、バルブにしたとたん
「カシャン」とミラーが下りたのでお持ち帰り。
電池室の配線をチョイっとつないで「稼働」でありました。

あれ?これ「OM-2 spot/program」じゃない?
「OM-2S PROGRAM」になってる?
...逆輸入?





[PR]
by mutuki-w | 2018-07-22 22:19 | 機材 カメラ | Comments(2)

北アルプスへ

b0250470_21215483.jpg
PENTAX K-5Ⅱs + Sigma c 18-200mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM
----------------------------------------------------------------------
唐松山荘
ワイド感を狙って建物や、人物を入れてみる....
山の感想は後日。




[PR]
by mutuki-w | 2018-07-20 21:29 | | Comments(0)

ブレーキを踏む

b0250470_10322477.jpg
PENTAX K-5Ⅱs + COSINA 50mm F2.8 MC MACRO (KAマウント)
----------------------------------------------------------------------
誰でもそうだろうけど、雑多諸事に追いまくられるとブレーキを踏めない。
そうすると結果としてあまりいいことはない。体だったり日常だったりに破綻がくる。

生活のためではあるけれど、もうけっして若くないし、いろいろなことに
「ブレーキ」
を踏む気持ちを持ちたいものです。

さりとて、ブレーキが踏めぬものがあったりする。それが「ジャンク棚散策」
思い立ったら寸暇を見つけてジャンク棚をのぞくのです。

それが…でも自分の場合「ブレーキ」なのかもしれませんけど。

で、みつけた「COSINA 50mm F2.8 MC MACRO」

きつくなってしまいがちなPENTAXの「緑」の発色がやさしくなります。
「青」が「藍」に近くなります。コーティングでしょうかね?

少し緩い感じがしないでもないですが、これ...いいです。






カメラにつけた感じもいい。
[PR]
by mutuki-w | 2018-07-07 10:43 | 機材 レンズ | Comments(2)