人気ブログランキング |

カテゴリ:山( 46 )

風と雲と稜線と

b0250470_22154128.jpg
PENTAX K-5Ⅱs + SIGMA C 18-200mm F3.5-6.3HSM
----------------------------------------------------------------------
あの稜線を歩いて雲と戯れよう。





by mutuki-w | 2019-06-02 22:18 | | Comments(0)

百名山 赤城山 (黒檜山~駒ケ岳)

b0250470_10584776.jpg
黒檜山登山口途中からの眺望
PENTAX K-5Ⅱs + sigma C 18-200mm F3.5-6.2 HSM
--------------------------------------------------------------------
赤城山というのは周辺の山々を総称して言うのだそうで、主峰は黒檜山(くろびやま)と言います。
黒檜山と駒ケ岳を縦走が基本になると思いますが、お勧めは黒檜山登山口から入り、駒ケ岳山口の
方へ降りるコース。というのも、駒ケ岳の方から入ると、木の階段、鉄の階段、登り切って尾根、
そして主峰直下から急登と、たぶん「つらい」です。上級者ならいい足慣らしかもしれませんが...

黒檜山登山口からだと、急登にはなりますが(しかも岩場)登ってしまえば、上記のコースを
基本下りで使う事ができます。とくに尾根は気持ちよく歩くこともできるので、
見返りながらその道程を楽しむ余裕もあるかと。
b0250470_10585186.jpg
とは言え、連休中の登山では、まだ尾根もこんな状態の箇所が何か所かありました。
今年は花も遅いのかな?ツツジはまだでした。

b0250470_10585529.jpg
山頂も寒々しかったです(笑







by mutuki-w | 2019-05-06 11:12 | | Comments(0)

鶏足山

b0250470_09353569.jpg
PENTAX K-5Ⅱs + SIGUMA C 18-200F3.5-6.2 HSM
--------------------------------------------------------------------
焼森山とこの鶏足山は縦走が基本。
鶏足山山頂からは条件がそろえば、東は水平線、北は福島「安達太良山」遠くは富士山が。
b0250470_09580463.jpg
そして、表日光連山を望みます。標高はわずか430mの低山ですがお得な山です。










by mutuki-w | 2019-04-30 10:07 | | Comments(2)

焼森山 

b0250470_12350143.jpg
PENTAX K-5Ⅱs + SIGMA C 18-200mmF3.5-6.2 DC
-----------------------------------------------------------------------
連休2日目。混雑を避けて近場の山頂にて休日を満喫いたしました。
市街地から小一時間でこれですからね、文明の匂いがしない(笑)
萌木色の絨毯と蒼の空が良い休日でした。

焼森山 山頂から。

b0250470_12350372.jpg
フデリンドウ
-------------------------------------------------------------------------
バリアングルが欲しい。ここのところ登山に出るとそう思う。
特に春の山では登山道のこんな小さな被写体が待っているので。









by mutuki-w | 2019-04-29 12:44 | | Comments(0)

大菩薩嶺

b0250470_09205599.jpg
FUJIFILM XF1
---------------------------------------------------------------------
よていでは、ここにド~ンと富士山が...


細かく突っ込めばそりゃ難点もありますが、コンデジをダメにしたのはスマホじゃなくて、
造っている当事者じゃないかな?と思うのです、最近。




by mutuki-w | 2018-11-17 09:24 | | Comments(2)

姥が平 2018 (10月8日撮影)

b0250470_09472562.jpg
EOS 1Ds MARKⅢ + EF24-105 SDM
----------------------------------------------------------
色は良かったですが、やはり連発された台風で葉が落ちてしまって、
全体としてはもう落葉なかんじでしたね。
天候も今一つでして、艶やかな色彩は味わえませんでした。
b0250470_09511141.jpg
b0250470_09510251.jpg
b0250470_09505714.jpg
慣れた山行きだと多少機材がおおきくともあまり苦にはなりません。
b0250470_09524746.jpg
b0250470_09524150.jpg
さて、巨大陣営がフルサイズミラーレスを投入。
いよいよ始まるミラーレス大戦。

私は傍観者でいようとおもってます。





by mutuki-w | 2018-10-27 09:56 | | Comments(0)

尾瀬 至仏山より

b0250470_17354539.jpg

PENTAX K-5Ⅱs + Siguma C 18-200mm F3.5-6.2 HSM
------------------------------------------------------------------------------------------
早朝。至仏山登山の途中からみた「尾瀬ヶ原」
前日の夕方より雲が出始め、この日はお昼前から豪雨。

自分たちは雨の前に下山していたので、大丈夫でしたが、
雨に濡れた方も多かったでしょう。大丈夫だったろうか...

b0250470_17352018.jpg
前日は雲は多めでも日差しも多く、山小屋泊という余裕もあって、
尾瀬ヶ原をのんびり散策。花の季節は終わり秋を迎えるところでした。

b0250470_17420156.jpg
夕方は雲が湧き出しあいにくと、星空を見ることはかないませんでした(泣

熊が山小屋直前まで姿を見せるハプニングなどもあり(汗
(山小屋のご主人が撃つ威嚇空砲は迫力あったっす)

いろいろ刺激になる「百名山 至仏山」の登山でありました。







by mutuki-w | 2018-08-18 17:45 | | Comments(2)

北アルプス 唐松岳より

b0250470_09130634.jpg
「八方池からの白馬」
PENTAX K-5Ⅱs + Sigma C 18-200mm F3.5-6.2 HSM
-----------------------------------------------------------------------------------------
北アルプスの中でも地味な味付けの「唐松岳」
北アルプスは山の主役クラスが連なりますからね。

「白馬岳」キレイなその山に登ってみたい...
けれど、その山を登ってしまうとその山から見える景色や
山頂に続く稜線を見ることはできてもその「山」を見ることはできないのです。
こうして「白馬」を眺めて「きれいだな~」と見ている時間の贅沢...

「槍や剱」は登った達成感や工程のワクワク感は格別でしょう。
でも?あの遠くから見た存在感やカッコよさは見ることはできない。

だからあえて「あの山を見るためにこの山を登る」っていうのは
実際にすごくワクワクしてしまう。
b0250470_09295862.jpg
b0250470_09302358.jpg
b0250470_09304240.jpg
目指す山頂へ
------------------------------------------------------------------------
日帰りも可能ですがやはり小屋に一泊が余裕があっていいかと思います。
私が登ったこの時は迂回ルートが崩落で使えず,急登ルートを使いました。

北アルプスの名だたる名峰たちの姿を一望できる「唐松岳」は
素晴らしい登山を満喫させてくれました!







by mutuki-w | 2018-07-28 09:44 | | Comments(0)

北アルプスへ

b0250470_21215483.jpg
PENTAX K-5Ⅱs + Sigma c 18-200mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM
----------------------------------------------------------------------
唐松山荘
ワイド感を狙って建物や、人物を入れてみる....
山の感想は後日。




by mutuki-w | 2018-07-20 21:29 | | Comments(0)

足尾 備前楯山

b0250470_09234122.jpg
山頂から 正面は男体山
-------------------------------------------------------------------
備前楯山はかの「足尾銅山」そのもの。
自分があるく足元の地下には総延長1200kmにもなる
坑道がある。400年掘り続けた産業遺産の一部…
なんでもこの備前楯山以外の近辺の山からは銅鉱脈は見つからなったらしい、
今は花の山として登る人々の目を楽しませてくれるこの山は
その歴史に思いをはせながらゆっくり登るのがいいかな。

登山当日は天気も良く、気分よく片道1時間ばかりの
行程をたのしみました。ただし今年は花の時期がずれてしまい、
こちらは残念でした。
------------------------------------------------------------------------------------
b0250470_09460456.jpg
下山途中。山間の道がちょっとツボだったので1枚。




by mutuki-w | 2018-06-24 09:00 | | Comments(0)