カテゴリ:山( 34 )

名峰 谷川岳 

b0250470_08372171.jpg
肩の小屋 付近から
----------------------------------------------------------------------
大紅葉と唄われる紅葉の名所 「谷川岳」
まだ本格的な紅葉には早いですが、天気の良い週末はしばらく無さそう?
なので登ってまいりました。
b0250470_08405202.jpg
天神平駅から
-----------------------------------------------------------------------
ルートは一番メジャーなルート
「土合口駅からロープウェィ-天神平-天神尾根-山頂」を往復です。

気になるのは駐車場情報でしょうか?
この時期は夜間のロープウェィ駅立体駐車場の出入りはできません。
ちょっと手前の町営パーキングが夜間、早朝のみ無料開放されているので
仮眠はそちらで。早朝から多くの登山者/観光客であふれかえるので、
立駐にはいるのは大変です。この日も始発のロープウェィが出る頃には
大渋滞が起こっていました(汗
b0250470_08491676.jpg
木道が整備されています
---------------------------------------------------------------------
天神尾根への道すがらは非常に整備されていて「晴れて、乾燥していれば」
歩きやすいのかもしれません。
この日は前日の雨と深夜の霧の影響で登山道がヌカルミ、
木道はヌルヌル。とても滑りやすく、事実なんども滑りました。
足元には十分注意をされると良いかと思います。
b0250470_08525535.jpg
この岩がまた滑る(汗
---------------------------------------------------------------------
所々で岩登り。ロープや鎖もありますが、本当に足場が悪いです。
繰り返しですが、雨の後などはかなり厳しいですよ...
b0250470_08550917.jpg
ここでも 渋滞 (^^;
---------------------------------------------------------------------
ロープウェィ利用の方が大半ですから、よーいどん!
で登山開始です。つまり...登山道は大渋滞。
下から早朝/深夜に登ってもこの渋滞の列のなか下る...
狭い登山道、足場の悪い日、様々なレベルの方々
譲り合いの気持ちが必要です、遅い方は道を譲る余裕を
早い方は多少は待ってもイライラしない余裕を。
怒鳴りあっている方も居ましたが、みっともないですから。
b0250470_09002198.jpg
紅葉も始まっていました
---------------------------------------------------------------------
この尾根を登ってゆくのは気持ちいいです!
でも...暑っ!!
b0250470_09020070.jpg
肩の小屋
---------------------------------------------------------------------
ここまでくれば山頂はもうちょっと!
谷川岳は「双耳峰」山頂が二つあります。
b0250470_09070731.jpg
高いほうの山頂(主山頂)オキの耳
-------------------------------------------------------------------------
山頂で撮影渋滞がありましたww
なのでもう一方の山頂トマの耳は割愛(汗
b0250470_09124216.jpg
登ってみて...
---------------------------------------------------------------------
谷川岳は「死の山」「魔の山」と不名誉な別名で呼ばれます。
「一の倉沢からの登山での登山事故だろ」と言われます。確かにその通りなのかも
しれませんが、「登山」に危険はつきもの。しっかりとした装備と事前の
下調べ。そして無理をしない。

今回のように大勢の登山客がいてさらに足場が悪いとなると
どこかで無理をして滑って転んだり。狭い登山道を滑落したり...
そんな危険が随所にあるなぁと思いました。

けれど「2000m以下とは思えない眺望/大紅葉」を求めて
徳島県からバスを貸し切って登山に来られたグループもいるくらい
素晴らしい景色と登山らしい楽しさも味わえる
関東圏の名峰(日本 百名山)です。

次は空いている季節にゆっくり登りたいけどww

追記 この登山は先週末のものです。今はもっと紅葉が進んでいるかと。
駐車場情報は谷川岳ロープウェィのサイトなどで確認してください。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs + DA12-24mmF4 ED AL






[PR]
by mutuki-w | 2017-10-14 09:33 | | Comments(4)

那須 南月山へ

b0250470_10251601.jpg
風の通り道。目標の峰の茶屋跡
----------------------------------------------------------------------
「間の季節」「紅葉の姥が平」では幾度も訪れる那須今回は
どちらからも少し外れた季節なので、もう少し脚を伸ばして、
「南月山」へと向かいます。

出発は「峠の茶屋 登山口」
紅葉の季節は前日からの車中泊の方もいますので、深夜には満車になることも...
手前のロープウェイ駅パーキングも激しく混雑するので、本当に余裕をもって計画を
立ててください。紅葉の当たり年だった時には高速の出口から、山頂まで渋滞だったこともあります。

b0250470_12081596.jpg
登山客を見送る狛犬
------------------------------------------------------------------------
さて、この狛犬たちに挨拶をしたらいよいよ登山開始。
約30分森の中を上がります。ナナカマドやリンドウの季節は
目を楽しませてくれますよ。
b0250470_10362701.jpg
鬼の角 那須岳
-----------------------------------------------------------------------
森林限界を超えると一気に視界が開けます。ここは中の茶屋跡。
茶臼岳東側。表の顔をみながら写真1枚目、の峰の茶屋跡を目指します。
登りながら右手を見ると「朝日岳」。山頂や「剣ヶ峰」には人影が...
b0250470_10404686.jpg
b0250470_10395362.jpg
こうやってみると、登山てやっぱちょっとすごいですよね。
---------------------------------------------------------------------
b0250470_10434977.jpg
茶臼岳山頂への尾根
----------------------------------------------------------------------
開けた斜面を登ること30~40分。峰の茶屋跡の到着です。
北ヘ分岐すれば朝日岳を経て三本槍岳へ、南に向かえば
茶臼岳直頂、牛ヶ首から日の出平を経て目指す「南月山」
西に向かうと「三斗小屋温泉」
b0250470_10465911.jpg
峰の茶屋越しに朝日岳。遠く三本槍岳を望む...
-------------------------------------------------------------------
この峰の茶屋付近は暴風のことがあります。
この日は穏やかな風が吹いていました。
b0250470_10554529.jpg
最大の噴気口。無間地獄...
-----------------------------------------------------------------------
活火山でありながら登山ルートのある茶臼岳は豪快な噴煙と地熱を感じながら
登山を楽しむことができます。辺りには硫黄の臭いも...それがこの山の「一つの顔」だと思います。
b0250470_10503081.jpg
牛ヶ首 分岐
--------------------------------------------------------------------
自然の雄大さを間近に感じながら歩くと牛ヶ首
西へ下ると「姥が平」毎年美しい紅葉を見せてくれる那須岳の名所。
b0250470_10532467.jpg
紅葉が始まった 「姥が平」
----------------------------------------------------------------------
まだ早いかなぁと思っていましたが、今年は例年より早く彩付き始めていました。
b0250470_10585020.jpg
斜面の紅葉が美しい
------------------------------------------------------------------------
そんな彩に目をやりながら尾根を進みます日の出平らの少し手前から
振り返ってみましょう...
b0250470_10591474.jpg
茶臼岳南面 穏やかな顔
---------------------------------------------------------------------
三面六臂の阿修羅像とは言いませんが。登った者だけに許される
特別な顔。紅葉の彩もあって、本当に穏やかで美しい...
これがこの山のもう一つの顔。
b0250470_12400706.jpg
尾根というよりは本当に開けた大地に見える
------------------------------------------------------------------------
日の出平付近の尾根です。天気にも恵まれ、いち早く紅葉を満喫。
この道じつは「トリカブト」の群生地。持って行ってはいけませんよ?

この近辺5月下旬ころには「ミネザクラ」が咲きます。
まだその季節に登ったことはないのですが、素晴らしい風景らしいですよ。
自分も一度見てみたいと思っています。
b0250470_12492499.jpg
真ん中に見えるのは沼っ原湿原近くの調整池
-----------------------------------------------------------------------
沼っ原調整池が見えます。「南月山」「姥が平」「三斗小屋温泉」には
この沼っ原方面からくるとまた違った那須岳(茶臼岳)が楽しめますね、
こちらもハイシーズンは大変な混みようらしいですが...
b0250470_12545310.jpg
大地が黒い火山礫になってきたら目的地はすぐそこ。
-----------------------------------------------------------------------
振り返れば歩いてきた道。紅葉と山並みが見えます...
b0250470_13023652.jpg
渡りの途中?ビタキ系の小鳥
---------------------------------------------------------------------
山頂付近には渡りの途中だろうか?ビタキ系の小鳥が群れで休んでいた。

カメラの話になりますが、こういう時に便利ズームは本当に重宝する
例のタムロンの16-300mmが欲しいけど..Kマウントは造らないだろうなぁ...
b0250470_13055459.jpg
山頂直下
------------------------------------------------------------------------
山頂です。正確には山頂神社(ちっさい)祠といった方がよいのでしょう、
が真の山頂ですが、そちらは相方との写真しか撮らんかったので(笑
ここと数メートルしか変わらんのでね(大笑

とにかく素敵なルートです。尾根歩きの気持ちよさ、移り変わる風景。
休憩を入れても3時間~4時間くらいの工程でしょうか。

追記 この記事の撮影は9月の最終週です。
今は紅葉が見ごろになっているそうです、
今年は昨年よりも紅葉が綺麗らしいですね。
又、PLフィルターを使用しています。とくに空の蒼が
実際より蒼くなっているかと...


撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs + シグマ C 18-200mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM





[PR]
by mutuki-w | 2017-10-07 13:22 | | Comments(2)

山世界の入り口 北八ヶ岳 「北横岳」

b0250470_09372367.jpg
PENTAX K-5Ⅱs + DA 12-24mmF4
-----------------------------------------------------------------------
ちょっと登山に興味を持っているなら知っている「山」
それが「北横岳」数あるロープウエイ利用登山の中でも1.2を競うお手軽登山の山。
山頂駅から山頂まで60分程。けれど登山のすべてがギュッと詰まった山。
登り、下り、岩場に尾根。山小屋に池に山頂からのパノラマ!


前回に続き、天気はパットしない(T0T)
天候が良ければほぼ登山のすべてが楽しめるこの山は
体力に自信のない方へおすすめです。
けれど、2000mを超える山です、それなりの装備は必ずしてください。

また9月以降はもう冬山装備が必要なはずです。

ぱ~っと晴れた風景がみたいなぁ...





[PR]
by mutuki-w | 2017-08-16 09:33 | | Comments(0)

森閑なる... 日光 社山 (しゃざん)

b0250470_09062918.jpg
PENTAX K-5 + sigma C 18-200mmF3.5-6.3 DC macro HSM
----------------------------------------------------------------------
中禅寺湖の南湖岸沿いを歩き、旧英国、イタリア大使館を通り越すと「阿世潟」が見えてくる。
(リンク先の2.3枚目本来は白い砂浜だが天気の関係などで色はちょっとなんですww)
この美しい湖畔を眺めながら「阿世潟峠」を登ってゆくと「社山」山頂付近から
普段は眼にすることのできない「中禅寺湖 南岸風景」を見ることができます。

登山中の眺望そのものは「半月山」の方が雄大だけれど、頂上直下あたりから
見える360度のパノラマは素晴らしい!はずである...なにせこの日は天気がorz

山行そのものは普通の体力で登れますが、登山道入り口までの距離があるので、
時間は5~6時間かかります。またここから、西湖岸「黒檜岳」へ向かう
ルートがありますがとても分かりづらいので、よく下調べしてから歩きましょう。











[PR]
by mutuki-w | 2017-08-15 09:31 | | Comments(0)

那須岳 姥が平 2016年 ver.相方

b0250470_22343128.jpg
PENTAX K-5 + sigma 18-200mm f3.5-6.3 DC MACRO

行く季節...

-----------------------------------------------------------------------




More
[PR]
by mutuki-w | 2016-10-16 22:49 | | Comments(0)

那須岳 姥が平 2016年

b0250470_19543577.jpg
PENTAX k-5Ⅱs + HD DA16-85mm F3.5-5.6ED WR

ラストシーズン (撮影 平成28年 10月10日)
--------------------------------------------------------------------
今年もこの季節へこの場所へ来ることができました。
夏以降の天候不順もあり、ここ数年ではもっとも
彩に乏しい紅葉のようですが、それでも季節は
ちゃんと移ろい目を楽しませてくれました。



More
[PR]
by mutuki-w | 2016-10-12 23:01 | | Comments(0)

間の季節 那須 茶臼岳

b0250470_22222483.jpg
PENTAX K-5Ⅱs + sigma 18-200mm F3.5-6.3 DC MACRO

風に誘われて...

----------------------------------------------------------------------------
那須 茶臼岳には秋風が吹いていました。
もうすぐ下界も秋本番。

間の季節も終わります。


More
[PR]
by mutuki-w | 2016-09-22 20:33 | | Comments(0)

乗鞍岳 その2 主峰 剣ケ峰へ

b0250470_11252064.jpg

 PENTAX K-5Ⅱs + HD DA16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR

新しい朝が来た...

------------------------------------------------------------------------------------

8月11日初めての「山の日」
本当はもう少し楽で低い山の登山を考えていました。

大病を患い手術までした相方の体力のことがあるからです。

しかし

「登りたい」という相方の意をくみ「では早朝ご来光弾丸登山」をということになりました。

More
[PR]
by mutuki-w | 2016-08-21 12:03 | | Comments(0)

乗鞍岳 その1 ご来光 ~大黒岳~

b0250470_23225522.jpg
PENTAX K-5Ⅱs + HD DA16-85mm F3.55.6 ED DC

2016年 8月11日 初めての山の日 ご来光 
---------------------------------------------------------------------------

山の日である。登らない理由はないではないか。
午後9時自宅出発現地着翌午前1時...ご来光バスは午前3時30分発!登山の顛末は後日!


More
[PR]
by mutuki-w | 2016-08-12 23:35 | | Comments(4)

那須岳 姥が平 2015年版

b0250470_1185843.jpg

 EM-5 + M.Zuiko 12-40 F2.8PRO

ラストステージ

------------------------------------------------------------------------------------
もう少しすれば冠雪。秋色に染まった山肌は今年最後の色彩の季節を迎えていました。
天候には恵まれなかった週末登山も今シーズン最後。

ホームグランドの那須の御山は「またおいで」と素晴らしい光の世界を魅せてくれたのです。

More
[PR]
by mutuki-w | 2015-10-10 11:35 | | Comments(2)